新しき世紀を作るものは青年の熱と力である

吾人らは政治論じ教育を考うる者では無いが
世界の大哲東洋の救世主日本出世の末法御本仏たる
日蓮大聖人の教えを奉じ最高唯一の宗教の力によっ手
人間革命を行い人生の苦を救って各個人の幸福境涯
を建設し曳いては樂土日本を現出せしめんことを願
うものである

この事業は過去においては釈迦の教団が実行し
近くは日蓮大聖人の教団が実践し勇ましく戦ったのである
釈迦教団の中心人物たるシャリホツにせよ阿難にせよ
皆若き学徒であった 日蓮大聖人の門下も又皆若き青年学徒
似寄って固められていたのである 日興聖人は日蓮大聖人より
24歳若く日朗もまた21歳の年の開きを持っている西より東に向かった
仏教も青年によって伝承しされ東より西に向かう大聖人仏法も
青年によって基礎つけられたのである吾人らはこの偉大なる
青年学徒の教団を尊行し同じく最高唯一の宗教に従って
人間苦の解決真の幸福生活の確立日本民族の真の平和
苦にもつ罪せる東洋の浄土化をぐせんせんとするものである
諸兄らもこの偉大なる過去の青年学徒軍と同じ目的同じ胴艇であること
を自覚し大先輩に劣らぬ覚悟でなくてはならぬ良じゅせんえに共々
座同じにした時 末法の青年はだらしがないなとしゃりほつ孫じゃ
大聖人の商人方に笑われてはじゆの菩薩の肩書が泣くことを
知らなくてはならない

奮起せよ青年諸氏よ 戦おうではないか青年諸氏よ しからば誰人といかなる戦
吾人が成すことであろうか

第一
無知のものに永遠の生命を教え日蓮正宗の御本尊の絶対無二なる損気をしらしめて
功徳のたいかいに思うがままにゆうげする自由自在の境涯を会得せしむるために
にんにくの鎧尾着慈悲の利権を日下げて戦うのである

第二
邪知邪宗の者に立正安国論根本義たる邪宗じゃぎは一切この世の中の不幸の
原因であり諸点善神は国を捨て去り証人は所を去って世は皆みだるると教え
邪知邪宗を翻しよう知恵の鎧を身にまとい彼らが執着の片意地を精進勇気の利権を持って断ち切る戦いである


第三
衆生を愛さなければならなぬ戦いであるしかるに青年は親おも愛さぬものも多いのに
どうして他人を愛せようかその無慈悲の自分を乗り越えて仏の慈悲の境地を会得する
人間革命の戦いである志向して吾人は更に諸兄らの行動について望むところをもつものである
第一
に絶対確信満ち足る信仰の境地に立脚し信行において微動だにすることなく
由一無二の御本損を主師親と仰ぎ日蓮大聖人と居ますのありがたさにあふれじュの菩薩の行進を確信する事である
第二
には教学に励み御書を新患に染め大聖人の仏法に通達して迷いなく今はいかなる時かを凝視して大聖人のみ心を心とし日興聖人の御結うかいをわが名として勉べきである
弟三
にその行動の態度たるや真摯にして暴言を用いず理を尽くして指導の任に当たり
威厳と寛容の姿の中に邪義邪宗邪史に一歩も引きぬかぬ勇気あるべきことであり
第四
部隊長の銘を奉じて学会精神を会得して藩内の士気を鼓舞して学会青年部の中心人物たることを自覚せざるべきことであるしかも広宣流布の時は近く日蓮正宗の御本尊流布の日はまさにこの時である故に三類の強敵はまさに表れとして三障四魔は勢いを増し外には
邪宗邪義に憎まれ内には誹謗の声ようやくたかし驚くことなかれこの世相こはこれ勝氏の金言なりされば諸君よ心を一として難を乗り越え若き花の若武者として大聖人の御覚えに
めでたからんと願うものである愚人に褒められるは智者の恥辱なり大聖に褒められるは一生の名誉なり心して御本損の場善に屍さらさんことを

昭和26年9月28日創価学会会長戸田城聖

inserted by FC2 system